鮮魚の産地紹介「土佐清水」

のん気な魚屋が販売している鮮魚の産地の内、高知県土佐清水について紹介したページです。
土佐清水は高知県の西側の岬、足摺岬近くに位置します。
  

高知県土佐清水の特徴

土佐清水といえば「清水サバ」!
今やサバのブランドとして抜群の知名度に加え、その味には定評があります。
しかし、サバだけでなく、カツオやマグロ、キンメダイなど数多くの魚が水揚げされます。

土佐清水は、足摺岬で知られているように四国最南端の末です。また、黒潮が最も近づくことが多い街でもあり、黒潮の恵みを存分に受ける事が出来る産地です。

有名な清水サバをはじめ、多くの海産物の宝庫です。清水サバだけでなく、カツオやマグロ、イセエビや貝類まで海の恵みがいっぱい。

土佐清水は、うどんなどのダシに使われる「宗田節」の産地として知られ、日本の生産量の70%以上のシェアを占めています。その原料となる「マルソウダ」の水揚げも非常に多い産地となります。

土佐清水市は、おさかなの町として町をアピールしている町でもあり、市をあげて活動をするほど漁業が盛んなところです。


高知土佐清水の◎

  • 魚種が豊富
  • 珍しい魚が入る

高知土佐清水の×

  • 活魚が少ない
  • 関東・中京エリアは午後からのお届け
  • 漁模様が不安定
土佐清水近隣地図
足摺岬臼婆
  

土佐清水の漁港紹介

土佐清水の漁港の内、のん気な魚屋で取り扱いがある漁港の紹介です。

基本的に清水、窪津、以布利、あしずりの4つの漁港の魚を取り扱っています。

各漁港ともに特色があり、また水揚げが多い日があれば少ない日もあったりと様々です。

多くの漁港から魚を集めてくる事で、状態の良い魚を安定的に供給できるように行っています。

土佐清水近隣の漁港地図
  

● 清水

土佐清水市にある清水港。高知県が管轄する第2種漁港に分類される土佐清水周辺の中心的な漁港の一つです。

大型の定置網や多くの釣り漁が行われ、様々な種類の魚が多く水揚げされます。

ゴマサバのブランド魚として知られる「清水サバ」は、この清水港で水揚げされたゴマサバだけが名乗る事のできるブランド名です。

清水漁港1清水漁港2
”
清水漁港3清水漁港4
  

● 窪津

足摺岬にある漁港の一つで、高知県から第3種漁港と指定されている漁港です。

定置網漁から釣り漁まで行われており、鮮度の良い魚が水揚げされます。

また、開かれた漁港として観光地化を進めており、ホエールウオッチングや観光定置網漁を行っており、一般の方でも利用できる楽しめる漁港として知られています。

窪津漁港1窪津漁港2
”
窪津漁港3窪津漁港4
  

● 以布利

足摺岬の付け根付近にある漁港。定置網漁を中心とした漁業を行っています。定置網漁なので鮮度抜群の魚の水揚げがされています。

また、この以布利は大阪の海遊館尾以布利センターがあることでよく知られた港です。黒潮で生活する生き物の研究や調査に利用されています。

あのジンベイザメも飼育されています。一般公開は行っていませんが、限定的に公開されたりします。

以布利漁港1以布利漁港2
”
以布利漁港3以布利漁港4
  

土佐清水近隣の恵まれた自然環境と魚に向き合う姿勢

のん気な魚屋で販売させていただく土佐清水鮮魚は、高知県の南西の太平洋の魚です。
恵まれた環境に官民一体で漁業を盛り上げる体制が美味しい魚を出荷できる理由です!

「清水サバ」や「宗田節」で有名な土佐清水漁港。
大阪の海遊館の人気者、「ジンベイザメ」の研究所のある以布利漁港やあしずり漁港。

以上の漁港で水揚げされた鮮魚が中心となります。

足摺岬の南方には、黒潮が流れ海の恵みをふんだんに運んできてくれます。
足摺岬は、四国最南端で南国と言われる高知県でも非常に暖かい地域として知られます。

また、以布利漁港近くの「大岐海岸」は、アカウミガメの産卵地としても知られ、多くの観光客が集まる自然いっぱいの場所です。

その恵まれた環境に加え、魚の町として官民を上げて漁業に取り組む姿勢が良い魚を良い状態で流通させる原動力となります。

「清水サバ」のブランド化や、第3セクターで作られる、マルソウダを使っての「姫カツオ」などに代表される商品をも生み出しています。

土佐清水の叶崎灯台大岐海岸
  

土佐清水のブランド「清水サバ」

今や全国的に知名度が揚がった「清水サバ」。清水サバを名乗るにはきちんとした規定があるのです。

清水サバは、土佐清水で水揚げされた「ゴマサバ」の事です。しかし、ただ土佐清水で水揚げされただけでは、「清水サバ」として流通しません。

「土佐の清水さば」は、土佐清水沖の岩礁地帯で漁獲されます。
立て縄漁と呼ばれる漁法により、1本1本大事に釣られ、魚に触れないように針をはずします。そのサバを、船内の温度管理された水槽で泳がせながら土佐清水港に水揚げされます。

港に着くと、船内の水槽から漁港に隣接する土佐清水さば専用の生け簀にすばやく移しかえます。
専用の活魚槽の中で丸一日以上サバを泳がせることで、捕獲時のストレスの解消と同時に排泄物を取り除きます。この作業により品質を高めます。

また、注文が入ると1匹ずつすくいあげ、一瞬で〆て血抜きを行います。この〆る作業によっても品質が変化するので、十分に血抜きを行います。

こうした徹底した作業が「土佐の清水さば」の味と鮮度を保ち、ブランドとして認められるようになった要因です。

また、1本で600g以上の重さのものだけが、「土佐の清水さば」という名前で出荷できます。
それ以下のサイズでは、「清水サバ」の名前を使うことができません。

清水サバの専用水槽清水サバの漁場説明清水サバ
"
  
  鮮魚の産直通販のん気な魚屋TOP  >>  土佐清水鮮魚  >>  鮮魚の産地紹介「土佐清水」
本日の販売鮮魚
本日に海から水揚げされ、本日販売中の鮮魚です。本日に発送、明日にお届け出来る鮮魚です。

各産地の鮮魚セット
お手軽でお得な鮮魚セットを用意致しました。もちろん捌いての発送も致しております。

松葉ガニ・セコガニ

貝類の販売

その他の通販商品

干物・冷凍品など

鮮魚の業務用卸販売

インフォメーション

ご利用の案内
●トップページ  ●サイトマップ  ●商品一覧  ●運営者  ●支払い・送料  ●よくある質問  ●お問合せ
有限会社ケイズ  〒671-2201  姫路市書写215-1  TEL:079-267-5790  FAX:079-267-5791