鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

バショウカジキ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、バショウカジキについて紹介したページです。

バショウカジキ(スズキ目マカジキ科)

バショウカジキ1
バショウカジキ2

バショウカジキについて

スズキ目マカジキ科

この魚は、芭蕉の葉のような背びれを持つことからこの名前で呼ばれます。沿岸性の高いカジキで、日本の暖流の流れる各地で水揚げされます。

非常に速く泳ぐ魚として知られ、時速100キロ程度のスピードで泳ぐようです。

大きくなると3mを超え、100kg近いサイズにまで成長する魚ですが、水揚げされるサイズは20~30kgくらいのサイズが中心となります。

その為、500g~1キロ程度の切り身のブロックでの販売となる事が多いです。

鮮魚としての評価は高い方ではありません。その理由は、スジが多いことによります。尾のほうは非常にスジが多く、切売りする場合も販売はしません。

ただ、頭に近い部分は身は、スジも少なく、少し薄い色の赤身は、さっぱりとしており非常に美味しく食べれます。

●バショウカジキが入荷した時にメールでお知らせ!

バショウカジキが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

太平洋側、室戸岬や土佐清水で水揚げされる事が多い魚です。鳥取や萩・益田でも夏から秋にかけて時折水揚げされます。

●味の評価

カジキの仲間の中では味わいは比較的に劣ると言われていますが、やや薄いピンク色の身はさっぱりとして美味です。

●流通価格

もともとはやや安い単価の魚で下が、近年は夏場の赤身の魚の水揚げが少なくなっている事も相まって流通価格は上昇傾向となっています。

バショウカジキの調理法など

良く利用される調理方法

刺身、たたき、漬け、ムニエル、フライ、唐揚げ、煮物など。

脂の少ないさっぱりした身です。刺身、もしくは油を使った料理に向いています。

バショウカジキを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

過去にマカジキ、メカジキは食べましたし、特にメカジキは 好物ですが、バショウカジキは初体験です。
朱に輝く身肉は鮮度抜群、柳刃の僅かな動きで 角の立った刺身が生まれます。 脂は感じませんが、歯応え、新鮮な香りは飽きない旨味があり、 聞いていたほどの筋っぽさも全く意識しませんでした。
今回は刺身でペロッと完食してしまい、皮の湯引きの葱と唐辛子を利かせたポン酢和えが唯一のアクセントではありました。

バショウカジキを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら バショウカジキ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。