鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

カゴカキダイ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、カゴカキダイについて紹介したページです。

カゴカキダイ(スズキ目カゴカキダイ科)

カゴカキダイ1
カゴカキダイ2

カゴカキダイについて

スズキ目カゴカキダイ科

この外観は、誰が見ても食べる気がしません。
まるで熱帯魚その物のような感じの魚です。

見掛け通り、南方系の魚で南日本の磯に普通にいる魚です。海に潜ったりすると普通に見かける魚です。きれいな外観の為に、鑑賞魚として飼育していいる方も多いようです。

大きくならない魚で、大きくても20cmくらいのようです。一般的に流通するサイズは15~20センチ程度のサイズが中心になります。

見た目とは違い、かなりおいしい魚です。
冬場になると脂が乗り刺身にしておいしいです。
室戸でも冬場に揚がってきます。

室戸では定置網漁で水揚げされます。

室戸岬周辺では「ビングシ」の名前で呼ばれており、安価で庶民の惣菜魚として冬の食卓を彩る魚として知られます。

●カゴカキダイが入荷した時にメールでお知らせ!

カゴカキダイが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

室戸で冬場に揚がります。

●味の評価

見かけとは違いかなりおいしい魚です。

●流通価格

比較的安価な魚です。

カゴカキダイの調理法など

良く利用される調理方法

刺身、塩焼き、煮付け、ムニエル、唐揚げなど。

脂ののった冬場は刺身が美味しい。 また、シンプルに煮付けや塩焼きでもかなりおいしい魚です。また、色んな食べ方で美味しさを実感できる魚です。

カゴカキダイを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

カゴカキダイは予想外に上質の旨味を味わえました。
小振りなのを3枚、姿造りで舌鼓を打ち、残ったアラは姿のまま唐揚げにすると小骨一つ残さず消えてしまいました。 うっすらと上質の脂の乗った身肉は意外な収穫だったと言えます。

カゴカキダイを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら カゴカキダイ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。