鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

カツオ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、カツオについて紹介したページです。

カツオ(スズキ目サバ科)

カツオ1
カツオ2

カツオについて

スズキ目サバ科

鮮魚、加工品共に非常に重要な魚です。
鰹節の原料や鰹のたたきに使われます。
カツオと日本人とのつながりは古く、大和朝廷時代から使われていたようです。

1メートルサイズ、目方では10キロ超えのサイズまで大きくなる魚です。

このカツオ、は4~5月頃に太平洋を北上する「初鰹」と、そこから南下する「戻り鰹」とに区別され、味わいも大きく違います。幼少期のさっぱりした赤みを味わう「初鰹」に対して、成長し、脂が乗ってきたトロのような味わいを楽しむ「戻り鰹」と言う具合になります。

古来、江戸時代などは、俳句で詠まれていたように、さっぱりした「初鰹」が好まれていました。しかし、近年は人の好みの変化から、脂の乗った「戻り鰹」が好まれるようになっています。

近年は、外洋の冷凍物が中心となり、近海物は少数派です。鰹のたたきなどに使われる多くは、外洋物となっています。
近海物は、非常に高値で取引され、手が届きにくい存在となってきています。

●高知産のカツオを販売しております。

現在高知県土佐湾産カツオを販売中です。


●カツオが入荷した時にメールでお知らせ!

カツオが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

太平洋側を中心に水揚げがあります。ただ、近年は水揚げが非常に激減してきており、水揚げされる頻度がかなり少なくなってきています。日本海側でも春から秋にかけて時折水揚げされます。

●味の評価

古くから日本人には身近な魚であり続けています。鮮魚としてでなく、鰹節の原料として日本人には絶対になくてはならない魚です。

●流通価格

遠洋で獲れた冷凍品は比較的安価で流通しています。近海で水揚げされた日戻りのカツオは数も非常に少なく、高値で流通します。

カツオの調理法など

初カツオのカルパッチョ

初カツオのカルパッチョ

カツオのたたき

カツオのたたき

良く利用される調理方法

刺身、たたき、漬け、ムニエル、フライ、煮物など

鮮度が良ければ刺身は、カツオの旨みを楽しめます。また、たたきにしても美味しさは抜群です。鮮度が良いものは、カツオ特有の臭みも全然ありません。また、産地以外は加熱をして食べる事は少ない魚ですが、加熱をして食べる調理方法も色々とあります。甘辛く煮つけたり、唐揚げにしたり、茹でて生節として食したりします。

高知では、内臓の塩辛「酒盗」やカツオの腹側の身を加工した「はらんぼ」、カツオの心臓のを甘辛く煮た「ちちこ」など色々な部位をあますことなく食べる文化があり、人々の生活に密着した魚として親しまれています。

カツオを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

新しくても身がゴリゴリしているものに当ることがありますが、今日のカツオは、やわらかく、まったく臭みがなく、切り口が真っ赤に発色して、鮮度のよさと、扱いのよさを、改めて感じました。
主人は腹のほうを、皮付きで焼かずに生で食べるのが好きなのですが、皮もまったく硬くなくおいしいと喜んでいました。私は背のほうを、厚切りで食べました。初鰹は、質に入れても、を実感するおいしさでした。ありがとうございました。

カツオを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら カツオ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。