鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

コノシロ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、コノシロについて紹介したページです。

コノシロ(ニシン目ニシン科)

コノシロ1
コノシロ2

コノシロについて

ニシン目ニシン科

江戸前ではなくてはならない魚。
光物の代表格となっています。
しかし、珍重されるのは小さいサイズで、一番高価なのは、数センチのサイズの新子のようです。そこから、大きくなるにつれ価格が下がります。

関東以外では、そこまでこだわりがありません。ツナシ(関東ではコハダ)と成魚くらいの区別です。どちらかというと人気のない魚です。

兵庫県の播磨地方では酢〆はもちろんですが、塩焼きも美味とされます。小骨がある為に、丸のままで骨きりをします。それを焼き上げるのですが、脂も乗って最高の味わいとなります。

播磨地方ではコノシロの酢〆は祭りの季節の必需品。関東とは違って20センチ程度の大きなサイズの物も酢〆にして食べます。

ただ一般的に西日本では人気のある魚とは言い難く評価はかなり低い魚です。

●コノシロが入荷した時にメールでお知らせ!

コノシロが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

鳥取や播磨灘で水揚げされます。15センチを超えるようなサイズが揚がります。

●味の評価

サイズにより利用価値が大きく変わります。小さなものは関東では評価が高く、サイズが大きくなると評価は低くなります。西日本では限られた地域では好まれますが、あまり評価は高くありません。

●流通価格

サイズが小さなものは関東では高価。大きくなると安くなります。西日本ではあまり評価は高くありません。

コノシロの調理法など

コノシロを使った握り寿司

コノシロを使った握り寿司

良く利用される調理方法

塩焼き、寿司ネタ、酢〆など。

小骨が多い魚のために、サイズが大きくなると骨が邪魔になります。そのためサイズが大きなものは骨切りの処理をして塩焼きにしたりします。

コノシロを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら コノシロ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。