鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

モクズガニ(川ガニ・ツガニ)

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、モクズガニ(川ガニ・ツガニ)について紹介したページです。

モクズガニ(モクズガニ科)

モクズガニ1
モクズガニ2

モクズガニについて

モクズガニ科

昔より近くの小川などで見かけたカニです。海で生まれて、川で育ち、また、海に帰って産卵をします。古くから川ガニやエガニ、ツガニなどと色々な地方名がつけられ、非常に身近で親しまれてきたカニです。

昔はどこの川にでもいた筈なんですが、近年は、数が激減しており、中々まとまって獲れることはありません。

爪の毛が特徴で、英名は「ミトンクラブ」と呼ぶようです。

本種のカニ味噌は、非常に濃厚で美味です。また、味噌汁などに入れても、非常に良いダシが出ます。

特にメスの内子は珍味として知られており、夏の終わりから秋にかけて内子を持ち始める時期になるとメスは高値で取引されるようになります。

秋頃に人気が出て高価になるメスと比べて、オスは安価に流通します。

ウェステルマン肺吸虫の中間宿主です。人間が終宿主となる寄生虫なので取り扱いには注意が必要です。必ず加熱をして下さい。

●モクズガニメスを販売しております。

現在九州産モクズガニメスを販売中です。


●モクズガニが入荷した時にメールでお知らせ!

モクズガニが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

夏の終わりから秋にかけて水揚げされます。有明海で比較的水揚げされます。

●味の評価

非常に美味しいカニです。特にメスの内子の味わいの評価が非常に高いカニです。

●流通価格

特に内子を持つ時期のメスガニは高価なカニになります。オスの価値は低く安い値段になります。

モクズガニの調理法など

ボイルモクズガニ1

ボイルモクズガニ1

茹でモクズガニ1

茹でモクズガニ1

良く利用される調理方法

茹でガニ、蒸しガニ、味噌汁など。

茹でガニ、蒸しガニが基本になります。また、味噌汁に入れると非常に良いダシが出ます。

絶対に火をとおして下さい。加熱をすることで寄生虫は死にます。

モクズガニを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら モクズガニ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。