鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

サンマ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、サンマについて紹介したページです。

サンマ(ダツ目サンマ科)

サンマ1
サンマ2

サンマについて

ダツ目サンマ科

昔から親しまれてきた馴染み深い魚。日本人ならこの魚を食べた事が無い人は少数派ではないでしょうか。夏から初秋にかけて市場を賑わせます。

昔から大衆魚として秋の食卓には欠かせなかったサンマですが、近年は漁獲量が激減し価格も高騰してきています。

今のままだと近い将来、サンマは高級魚として扱われるような日がやってくるかもしれません。

近年の漁獲量の激減は、中国や台湾の乱獲や海水温の変化など色々と原因が考えられていますが、本当の原因は詳しくつかめていないようです。

このサンマ、南海上で冬に生まれ、餌を求めて北上します。一番北端が北海道周辺。そこから今度は南に下ります。その中で一番脂が乗るのが秋の季節、北海道から三陸海岸近辺になります。そこから太平洋を南下してくると、段々痩せ、脂がなくなってしまいます。

室戸や土佐清水で水揚げされるのは、そのやせ細った時期になります。ですから脂は乗っていません。

産地では丸干しにされたり干物にされたりします。また刺身でも非常に美味しく食べられます。塩焼きで食べると脂も少なくややパサついてしまいます。

●サンマが入荷した時にメールでお知らせ!

サンマが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

一般的には夏から秋にかけての魚ですが、四国や和歌山など西日本では冬に水揚げされる魚です。

●味の評価

おいしい魚です。

●流通価格

比較的安価な魚ですが、近年は水揚げ量の激減により価格は状況基調です。

サンマの調理法など

良く利用される調理方法

刺身、干物、ムニエル、フライなど。

さっぱりとした味わいの室戸、土佐清水のサンマ。脂のないさっぱりしたサンマの刺身は結構いけるんですよ!

サンマを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら サンマ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。