鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

タナカゲンゲ(ばばちゃん)

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、タナカゲンゲ(ばばちゃん)について紹介したページです。

タナカゲンゲ(スズキ目ゲンゲ科)

タナカゲンゲ
タナカゲンゲ2

タナカゲンゲについて

スズキ目ゲンゲ科

鳥取では「ばばちゃん」や「ばばあ」、「キツネダラ」と呼べれてる魚です。

底引き網漁で水揚げされる魚で、9月から5月にかけて、特に即引き網漁が盛んになる11月頃から3月頃を中心に水揚げされます。

もともとは地元でも扱いが良い魚ではなく、非常にに安い価格で流通している魚でした。近年は「ばばちゃん」の名前で流通し、人気が徐々に出てきている魚です。

タナカゲンゲの名前の後ろの「ゲンゲ」の由来は、下の下の意味。下の下の魚の意味からの由来と言われています。

近年では山陰の冬場には欠かせない魚となり鍋物で利用されることが多いです。1メートルサイズまで大きくなる魚です。

非常にグロテスクな外見と違ってきれいな白身の魚で身は非常に淡白な魚です。加熱する事によって旨味があがる魚とも言え、冬の鍋物に抜群の味わいを出します。

●鳥取産タナカゲンゲを販売しております。

現在鳥取産タナカゲンゲを販売中です。


●タナカゲンゲが入荷時にメールでお知らせ!

タナカゲンゲが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

10月頃から3月頃、特に11月から2月頃にかけて鳥取で水揚げされます。松葉ガニ漁などの底引き網漁で水揚げされます。

●味の評価

もともとはあまり評価が高くありませんでしたが、近年は淡白なおいしい魚として知られるようになってきました。

●流通価格

比較的安価な魚です。

タナカゲンゲの調理法など

良く利用される調理方法

鍋物、味噌汁、唐揚げ、煮付け、ムニエル、フライ、焼き物など

ゼラチン質の多い皮と淡白な白身が特徴です。鍋物だけでなく、淡白な白身は油との相性も非常に良くムニエル、フライ、唐揚げなどでも非常に美味しく食べれます。

皮の表面が非常にヌルヌルしているので、調理の際は丁寧にヌルヌルの粘膜を取ることが大切です。粘膜が残ると臭みの素になります。

タナカゲンゲを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

タナカゲンゲの唐揚げを食べました。
かなり淡白な味わい。きれいな白身の魚。
ややほくほくとした感じの食感で非常に美味しい魚でした。

タナカゲンゲを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら タナカゲンゲ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。