鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

イボダイ(エボダイ)

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、イボダイについて紹介したページです。

イボダイ(スズキ目イボダイ科)

イボダイ1
イボダイ2

イボダイについて

スズキ目イボダイ科

イボダイの名前で呼ばれることは少なく、関東では「エボダイ」、関西では「シズ」とか「ボウゼ」と呼ばれます。高知県では「バカ」と呼ばれる事もある魚です。

体全体を粘膜に包まれており、ヌルヌルしています。しかし、この粘膜が残っているほど鮮度が良い事になります。また、ウロコも非常にはがれやすく、購入する時のポイントにもなります。

話が少しそれますが、メダイは本種の近種となります。メダイはイボダイ科の魚です。体表のヌメヌメはメダイとイボダイに共通する特徴です。
1メートル近いサイズまで成長するメダイに対して、イボダイは、20~25センチ程度のサイズまでにしか成長しません。

よく冷凍物の干物でイボダイの干物を販売していますが、その大半は、本種ではなく、近種のものか、輸入される近種です。
本当にイボダイの干物は数も少なく、価格的にもかなり高価な代物となります。

鮮度が良いものは、刺身や酢〆としても食べる事が出来、産地では姿寿司などが昔から食べられたりしています。

●イボダイが入荷した時にメールでお知らせ!

イボダイが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

瀬戸内海の播磨灘では、夏から秋にかけてよく水揚げされます。他、高知県室戸や土佐清水では秋から冬にかけて時々水揚げされます。

●味の評価

古くから非常に美味しい魚として定着しています。

●流通価格

庶民的な魚のはずが、近年はやや高価な魚になりつつありますが、高知県などではまだ、比較的安価な価格で流通しています。

イボダイ調理法など

イボダイの干物

イボダイ干物定食

イボダイの開き

イボダイ開き

良く利用される調理方法

塩焼き、煮付け、干物、酢の物、刺身、唐揚げ、ムニエルなど。

干物や塩焼き、煮付けが主な食べ方となりますが、刺身や酢〆にしても美味です。

また、油との相性も非常によく、ソテーや唐揚げでも美味しく食べられます。

イボダイを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
               
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら イボダイ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。