鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

ウマヅラハギ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、ウマヅラハギについて紹介したページです。

ウマヅラハギ(フグ目カワハギ科)

ウマヅラハギ1
ウマヅラハギ2

ウマヅラハギについて

フグ目カワハギ科

スーパーなどでもお馴染みの魚です。カワハギに対して長細い顔から「ウマヅラ」や「ナガハゲ」などと呼ばれます。皮を剥いだ状態で売っている事が多いと思います。

日本の沿岸の比較的浅い海に一般的に生息している魚で、25~30センチ、500~600g程度のサイズに成長します。

このウマヅラハギは、産地や鮮魚の扱い状況によってかなり味と流通価格に変動がある魚です。太平洋側などでは、比較的に雑魚の扱いで活や活〆の状態で流通する事は殆どありません。

所変わって瀬戸内海などでは、基本的に活か活〆で流通する魚となり、価格も太平洋側と比べると数倍の値段で流通したりします。

この魚、カワハギと比較して味が落ちるなどと呼ばれますが、決して引けをとる事は無いと思います。特に活け物や活け〆物はおいしいです。特に、キモは大きくなり、肝が好きな方にはおあつらえ向きと言えます。

クセのない白身はいろんな料理に使えます。また、冬場は、大きい肝が抜群のおいしさです。

●ウマヅラハギが入荷した時にメールでお知らせ!

ウマヅラハギが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

日本海、瀬戸内海でよく水揚げされます。
太平洋でも時折水揚げされます。

●味の評価

淡白な白身としっかりした食感の身は定評があります。特に瀬戸内産の活物は評価が高いです。

●流通価格

活物は高値で流通します。瀬戸内海や萩・益田は活での流通が多く高値となります。
鳥取や太平洋側では、野〆での流通が基本となり比較的安価で流通しています。

ウマヅラハギその他

ウマヅラハギ3

良く利用される調理方法

刺身、鍋物、塩焼き、煮付け、唐揚げ、干物など。

季節により価値が大きく変わります。好まれるのは晩秋から春先まで。とくに冬に珍重される魚です。冬場のキモは絶品。肝を醤油やポン酢に溶かして刺身で食べたりするのは贅沢な味わい。冬場は鍋物にしても抜群ですね。

やや淡白な身ですが、ほんのり甘みもあり、フグ目の魚ならではの弾力のある身質も魅力です。

淡白な身は油を使っても調理にも利用出来、フライやムニエルでも美味しく食べれる魚です。

ウマヅラハギを食べられた方の感想や写真の投稿を募集しています!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら ウマヅラハギ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。