鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

カタクチイワシ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、カタクチイワシについて紹介したページです。

カタクチイワシ(ニシン目カタクチイワシ科)

カタクチイワシ1
カタクチイワシ2

カタクチイワシについて

ニシン目カタクチイワシ科

世界中で重要な魚のひとつです。
食物連鎖の下を支える魚です。世界中で、加工品などで利用されています。

マイワシなどと比べると大きくならず、成長しても10cmあまり位が普通です。この魚の子供が、シラスやチリメンジャコの原料となっています。

高知では、カタクチイワシの子供を「どろめ」と呼んで珍重ます。このカタクチイワシの稚魚を生のまま食す食べ方は、珍味として古来より愛されています。この「どろめ」は、鮮度落ちが非常に早く、獲れたてが手に入る海岸部だけの珍味です。

鮮魚としてよりも、加工品としての流通が多いです。丸干しや、チリメンジャコ、シラス、味醂干し、アンチョビなどなど。これらを聞くだけで、重要な魚とわかっていただけると思います。

非常に足が速く身が弱い魚です。定置網で水揚げされる魚ですが、網で引き揚げるときに身が押され傷みます。その様な身が押された状態のカタクチイワシは鮮魚で流通することは難しく飼料用として流通することになります。その為、鮮魚として状態の良いカタクチイワシが入荷する事は少ないです。

●カタクチイワシが入荷した時にメールでお知らせ!

カタクチイワシが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

比較的よく水揚げされる種類の魚です。しかし、状態が良く、鮮魚として流通するものは少ないです。押されたり傷があるような場合は、飼料用に回ることが多いです。

●味の評価

加工品が主になる魚ですが、鮮魚としても美味しい魚と言えます。

●流通価格

比較的安価な魚です。

カタクチイワシの調理法など

良く利用される調理方法

加工品、刺身、煮物、干物、塩焼き、オイルサーディン、酢〆など。

加工して食べられるのが一般的ですが、鮮度が良ければ刺身も非常においしいです。

カタクチイワシを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

カタクチイワシは思ったより大きく、処理ついでにワタの塩辛、 刺身、胡麻漬けと料理し、今日は野菜と共にてんぷらを 楽しみました。
刺身はもちろんコリコリと新鮮な食感が楽しめ、唐辛子を効かせた胡麻漬け、塩辛も本当に美味です。
やはり素材の新鮮さが全てを決定しますね。

カタクチイワシを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら カタクチイワシ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。