鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

マイワシ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、マイワシについて紹介したページです。

マイワシ(ニシン目ニシン科)

マイワシ1
マイワシ2

マイワシについて

ニシン目ニシン科

日本人の生活に密接している魚です。「カタクチイワシ」や「ウルメイワシ」などと共に、加工品や肥料、家畜の餌など多岐にわたって利用される重要な魚の一つです。

鮮魚として直接食べる事よりも、加工品や、間接的にお世話になっている事が多い魚といえるでしょう。

近年は、漁獲量が激減してきており、代表的な大衆魚とは言えないような価格で流通する事もあります。

ただ、マイワシは昔から、周期的に漁獲高が多い時期と少ない時期を繰り返してきている魚の為に、現在の漁獲量の減少は、自然現象の流れだと言われたりします。しかし、本当の原因は現代科学では判明していません。

思いのほか大きくなる魚で、30センチ程度のサイズまで成長します。小羽イワシが10センチ程、中羽イワシが15センチ程、大羽イワシが20センチ~とサイズによって名前が使い分けられます。

さすがに昔からの大衆魚だけあって、色々な食べ方が普及しています。鮮度が良ければ、本種の刺身などは絶品とでも言うべき味わいの魚と言えます。

但し、非常に鮮度落ちの速い魚です。中々鮮度の良いマイワシを入手するのは難しい事が残念です。

●マイワシが入荷した時にメールでお知らせ!

マイワシが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

各産地で春から秋頃を中心に水揚げされます。ただ、飼料用や加工用に回ることが多く、鮮魚として流通する頻度は少なめです。

●味の評価

鮮魚での流通が少ない為に鮮度の良いマイワシを食べにくい環境となっていま。鮮度の良い物は非常においしい魚として知られます。

●流通価格

非常に安い安価な魚として認識されていますが、鮮度の良い物はそれなりによい値をつけて流通しています。特に大きなサイズになると結構な価格となります。

マイワシの調理法など

マイワシのつみれ汁

マイワシのつみれ汁

マイワシの生姜煮

マイワシの生姜煮

良く利用される調理方法

刺身、蒲焼、フライ、天ぷら、煮物、焼き物、オイルサーディンなど。

どんな料理法でも美味しく食べれます。特に刺身は絶品のおいしさと言えます。

マイワシを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

小さいころにあまりおいしくない魚って思っていたイメージがあってあまり食べることはありませんでした。
しかし、鮮度の良い大振りのマイワシを送って頂き、塩焼きにして食べたのですが驚くほどの旨さです。
脂を十分に持った身は、ホクホクとした様な食感と相まって感動モノでした。
マイワシがこんなにも美味しい魚と知る事が出来ました。
ちなみに子供もかなりおいしかったらしく、魚の塩焼きが食卓に上がる度にマイワシを要望をしてきます。
また水揚げがありましたら宜しくお願い致します。

マイワシを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら マイワシ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。