鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

キツネメバル(マゾイ)

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、キツネメバル(マゾイ)について紹介したページです。

キツネメバル(カサゴ目フサカサゴ科)

キツネメバル1
キツネメバル2

キツネメバルについて

カサゴ目フサカサゴ科

フサカサゴ科の魚で、メバル属に属します。一般的にソイなどと呼ばれて流通しています。
ソイの仲間の種類は非常に各種が似ており、区別されずにソイとして流通したりします。

ソイの仲間の中でも一番味が良いといわれており、一般的に「マゾイ」と呼ばれています。

やや北方系の魚で、北海道から島根県あたりまでの日本海、太平洋では房総半島位までに生息しているようですが、生息地の主は日本海になります。。

鳥取や島根東部では「ツヅリメバル」や「ツヅリ」の名前で呼ばれています

鮮魚としての評価は、クロソイよりもランクが上の扱いの魚として流通しています。
そのために価格も幾分か高くなります。

40センチ前後、1.5kg位のサイズまで成長します。大型の物は数も少なく味も良いことから結構な価格で流通します。

●キツネメバルが入荷した時にメールでお知らせ!

キツネメバルが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

日本海側で水揚げされます。鳥取で水揚げされます。

●味の評価

美味な魚として定着しています。小さなサイズは煮付けなどに使われる惣菜用の魚として親しまれています。大きなサイズは刺身などにも利用されます。

●流通価格

小柄の物は比較的安価ですが、刺身用の大型の物は、結構な高値で流通します。

キツネダイの調理法など

良く利用される調理方法

煮付け、刺身、霜造り、塩焼き、ポアレ、ムニエル、アクアパッツア、ブイヤベース、唐揚げ、鍋物など。

かなりおいしい魚です。よく締まった身質の白身魚で、皮目にはゼラチン質もあります。刺身、塩焼き、煮付けにと色々利用できます。大きなサイズの物は、刺身や皮目を生かした霜造りなど美味です。サイズが小さい物は煮付け等で美味しく食べれます。油との相性も良く、洋食用の素材として利用できます。ムニエルやポアレなどに。

キツネメバルを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

初挑戦のキツネメバル。800gサイズの物が到着。
見た目はあまり良くない。クロソイの色合いをやや茶色っぽくした感じ。
まずは刺身で。しっかりした食感。やや甘みもある感じで美味しい。
片身は煮付け。皮目に脂も甘みもあり淡白な身ながら絶品でした。
ありがとうございます。

キツネメバルを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら キツネメバル
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。