鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

コウイカ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、コウイカについて紹介したページです。

コウイカ(コウイカ科)

コウイカ1
コウイカ2

コウイカについて

コウイカ科

コウイカは、内部の背の軟骨が石灰質で出来ており、甲羅のような形をしている事からこのように呼ばれています。コウイカの種類は数多くいますが、日本でメジャーなのは,、本種「コウイカ」と「カミナリイカ」になります。

関東では「スミイカ」の呼び名で呼ばれることが多く、寿司ネタや天ぷらの素材として非常に身近で人気のあるイカです。

関西では「ハリイカ」と呼ばれ非常に身近なイカです。瀬戸内海播磨灘では活の状態での流通が多く、上の画像のように水槽に泳いだ状態で販売されているものをよく見かけたりします。

日本海鳥取、萩・益田や瀬戸内海播磨灘で水揚げされますが、日本海で水揚げされるものと比べると瀬戸内海産はやや小ぶりです。日本海側では500gサイズの物も揚がりますが、播磨灘では300gサイズ程度のサイズです。

本種は非常にスミの多いイカで、本種のスミはイカスミの料理などによく利用されます。関東では「スミイカ」名前の通りイカスミの真っ黒なスミが付いた状態のままで流通する事が多いです。それに反して西日本では上の画像のようにスミを洗い流した状態で流通させます。

肉厚の身はねっとりとして濃厚。
少し固めの身は、ケンサキイカの柔らかさと対照的です。一度冷凍をすると身は柔らかくなります。

●コウイカが入荷した時にメールでお知らせ!

コウイカが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

日本海側、鳥取や萩・益田や瀬戸内海播磨灘で春を中心に水揚げされます。3~5月にかけての鳥取で比較的よく水揚げされます。

●味の評価

身近で非常に美味しいイカとして定着しています。

●流通価格

アオリイカやケンサキイカと比べると安価。スルメイカなどよりは高値。

コウイカの調理法など

コウイカの握り

コウイカの握り

良く利用される調理方法

刺身、天ぷら、ソテー、焼き物、煮付け、フライなど。

肉厚の身は、刺身にして適度な歯ざわりもあり濃厚な旨みと甘みを味わえます。天ぷらにしても非常に美味しく天ぷらの素材としても忘れる事は出来ません。天ぷらにすると肉厚の身の食感は抜群。旨味と甘みが天ぷらの衣と相まって絶品の味わいです。その他に煮物や焼き物にしても非常に美味で食感と甘みを感じられるイカです。

コウイカを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

やっぱりコウイカは美味しいですね。
一番好きな食べ方は天ぷら。コウイカの天ぷらは本当に美味しい。
刺身でも抜群。これを食べだすと酒が止まりません。

コウイカを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら コウイカ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。