鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

マサバ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、マサバについて紹介したページです。

マサバ(サバ目サバ科)

マサバ1
マサバ2

マサバについて

サバ目サバ科

国民的大衆魚の一つ。昔より庶民の暮らしに根付いた魚です。昔から若狭、京都間のサバ街道のように、海の無い山間部や盆地などに塩サバが輸送され、魚が手に入りにくい土地でもサバは食べられてきました。

近年は漁獲量の減少により価格も高くなってきています。また、ブランドサバなるものも登場し、驚くべきほどの高値で流通したりします。

巻き網船等で水揚げされるサバは、比較的安価で流通していますが、定置網物や釣物になると価格も揚がります。また、小型の物は水揚げも多く安価ですが、600g位以上のサイズになると水揚げも少なくなり価格も上がります。

一方で、輸入物の流通が非常に増加し、こちらは非常に安価で市場に流通しています。加工品などは、ほとんどがこの輸入のサバに頼っています。輸入されているサバは、正式には「タイセイヨウサバ」で本種とは別種のサバとなります。

ゴマサバと比較すると、本種マサバの方が脂分が多く、高値で流通しています。本種のほうがやや北方系の魚となります。

また、非常に足の早い魚としても有名で、中々鮮度が良いものにはめぐり合う事が出来ません。本種の刺身は、本当に鮮度が良いものでないと食べれませんが、刺身の味わいは絶品の味わいです。

●マサバが入荷した時にメールでお知らせ!

マサバが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

日本海側、鳥取、益田で水揚げされます。また、播磨灘でも水揚げされます。太平洋側、室戸岬、土佐清水で時々水揚げされます。

●味の評価

古くから日本人にとって欠かすことのできない魚の一つ。

●流通価格

状態やサイズによって価格の差が非常に激しい魚。大衆魚の価格から超高級魚の価格まで様々です。

マサバの調理法など

マサバの酢〆

マサバの酢〆

マサバの味噌煮

マサバの味噌煮

良く利用される調理方法

刺身、酢〆、塩焼き、煮物、ムニエル、フライ、唐揚げなど。

刺身で食べれる事が出来れば一番ですが、中々難しいです。しかし、本種には酢で〆る食べ方があります。これも古来よりの知恵でサバを美味しく食べる方法の一つです。また煮ても焼いても非常においしい魚で多様な用途に利用できます。

マサバを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら マサバ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。