鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

ムツゴロウ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、ムツゴロウについて紹介したページです。

ムツゴロウ(スズキ目ハゼ科)

ムツゴロウ1
ムツゴロウ2

ムツゴロウについて

スズキ目ハゼ科

日本では、有明海と八代海だけに生息するハゼ科の非常に珍しい魚です。干潟に住み、巣穴を造り生息しています。干潟を鰭を使って歩く姿を画像などでよく見かけます。

ユニークな姿をしている事から食用の魚というよりも、画像を見て楽しむ魚のイメージが強いのではないでしょうか?

有明海近隣では古くから食用の魚として身近です。ムツゴロウの蒲焼はこの地方の郷土料理として古くより一般的に食べられている料理です。

近年は観光資源として利用され、観光地での食事やお土産物として人気がある魚です。

一般的には甘露煮や蒲焼で食べられる魚です。昔は多く取れた時などに保存食として利用されたりました。

鮮度が良ければ刺身でも食べる事が出来ますが、サイズが非常に小さな魚のために昔ながらの食べ方の方があっているような気がします。

●有明産ムツゴロウの販売ページへ

有明産のムツゴロウを販売しております。



●ムツゴロウが入荷した時にメールでお知らせ!

ムツゴロウが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

有明海で水揚げされます。春から秋にかけて揚がりますが、夏場の暑い時期は水揚げが少なくなります。

●味の評価

産地でのみ食べられてきた魚。今でも産地でのみ流通しており、都市部に流れる事はまずありません。

●流通価格

産地の観光資源としての側面もあり、比較的高値で安定して流通しています。

ムツゴロウの調理法など

ムツゴロウの甘露煮

ムツゴロウの甘露煮

ムツゴロウとワラスボの姿造り

ムツゴロウとワラスボの姿造り

良く利用される調理方法

蒲焼、煮付け、刺身など。

蒲焼が一番代表的な食べ方です。また、甘辛く煮付けても。刺身でも食べれます。

ムツゴロウを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
   
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら ムツゴロウ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。