鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

シャコ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、シャコについて紹介したページです。

シャコ(シャコ科)

シャコ1
シャコ2

シャコについて

シャコ科

瀬戸内の名産の一つでもあります。春の寿司ネタとしても忘れる事ができないものです。

江戸前の寿司ネタとしても忘れる事が出来ないものでしたが、近年は漁獲の減少により手軽に食べれるネタではなくなってきています。

近年は漁獲が非常に減少しており、昔と比較すると非常に高価となりました。産地では昔、一斗缶や籠などに山盛りに盛られて売っていましたが昔の事となりました。

春と秋が旬で美味しく食べれます。特に春のメスは卵を持っており、「カツブシ」と呼ばれて珍重されます。また、秋は身が詰まっており、身自体が濃厚な甘味を味わえます。

産地では活け物で売られているのが普通です。茹でる時に、活きたものを茹でた方が美味しく茹であげる事ができる事に加え、殻からの身離れが良くなります。

出来れば生きた状態の物を茹でるのが一番なのですが、シャコはあまり強い生き物ではなく、生きた状態の物でも配送などを行うとほとんどが死んでしまうのが難点です。

上記のような場合はなるべく早く茹でて頂く事をお勧めします。時間の経過とともに身が溶けてしまい、シャコ本来の味わいがなくなっていくので注意してください。

ただ、海水の中で死んだ場合は身の劣化は早いですが、海水から引き揚げ、水を切った後に死んだ場合は劣化のスピードはかなり抑えられます。

シャコのボイルはかなり難しい作業になります。ボイルの際は細心の注意を払ってください。
●シャコのボイル方法について

●シャコが入荷した時にメールでお知らせ!

シャコが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

年間を通じて水揚げされますが、春と秋の水揚げ比較的多いです。有明海と播磨灘で水揚げされます。

●味の評価

昔から非常に身近な甲殻類として珍重されています。春と秋の時期のシャコは珍味として知られています。

●流通価格

昔は非常に安価で一斗缶に入れて売られていた時期もありましたが、現在は非常に水揚げが少なく完全な高級食材となっています。

シャコの調理法など

ボイルシャコの剥き身

ボイルシャコの剥き身

シャコの味噌汁

シャコの味噌汁

良く利用される調理方法

塩茹で、味噌汁、酢の物、煮物など。

茹でて食べるのが一番です。また、旬を外れたシャコは、味噌汁などに入れると良いダシが出ておいしいです。

お客様からのシャコの写真・感想のお知らせです。

シャコ料理1

シャコ

半分はオーソドックスにシャコを茹でたものと、残りはとても新鮮なシャコでしたのでカンジャンケジャンのタレに漬けました。

広島県/I様

シャコを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら シャコ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。