鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

テナガダコ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、テナガダコについて紹介したページです。

テナガダコ(マダコ科)

テナガダコ1
テナガダコ2

テナガダコについて

マダコ科

名前の通り足(手)の長いタコです。マダコと比較すると、非常に細く長い足が特長です。

マダコは日本人によく知られ、なくてはならない魚介類ですが、本種は知らない人も多いかなりマイナーなタコです。

マダコと比較してもあまり大きく成長しない種類で、大きくても600~700g程度のサイズまでにしかなりません。ただし、手(足)が長いのでかなりの長さにはなります。

市場の評価は低く、比較的安価に出回っています。
瀬戸内地方では、昔より庶民に馴染み深いタコとして流通しています。

近年は、おとなりの韓国で本種を好んで食べる事から、少しずつ評価は上がっているようです。お隣の国では、本種の踊り食いが郷土料理のようです。

足が非常に細い為に、あまり刺身に向いているタコとは思えません。どちらかと言うと煮込んだり、炒めたりして利用したほうが、本種の旨みが味わえると思うのですが。

●テナガダコが入荷時にメールでお知らせ!

テナガダコが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

播磨灘で春から秋にかけて水揚げされます。他、鳥取でも時折水揚げされます。

●味の評価

産地では身近な惣菜用の魚介類として知られる一方、全国的には認知度も低くマイナーな種類です。

●流通価格

比較的安価で流通していましたが、近年は人気の高まりともに価格も高くなってきています。

テナガダコの調理法など

良く利用される調理方法

煮物、茹蛸、天ぷら、唐揚げ、ソテーなど。

柔らかめの身は、煮込み料理などにむいています。瀬戸内海沿岸では、惣菜用のタコとして、煮付けたり、唐揚げ、天ぷらなど身近な安価なタコとして利用されてきました。また、炒めものの材料として、他にバターなどで炒めて洋風に利用しても非常においしく食べる事が出来ます。

テナガダコを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら テナガダコ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。