鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

ヤマトシジミ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、ヤマトシジミについて紹介したページです。

ヤマトシジミ(シジミ科)

ヤマトシジミ1
ヤマトシジミ2

ヤマトシジミについて

シジミ科

日本の淡水に生息する一番一般的な貝です。

古来より身近な貝として利用され続けています。近年は、中国や韓国などから輸入物も入ってくるようになっています。

輸入されるものは本種のヤマトシジミではなく、「タイワンシジミ」などが主です。その「タイワンシジミ」が国内で非常に数が増えてきており、本種「ヤマトシジミ」の生息域を駆逐してきており、環境問題として取り上げられることも出てきました。

日本古来のシジミは、本種「ヤマトシジミ」「マシジミ」「セタシジミ」の3種ですが、流通のほとんどはヤマトシジミになります。

旨味の非常に濃い貝として昔から食べられています。近年は非常に健康に良いとの事で需要が高まってきています。

●鳥取東郷湖産のヤマトシジミを販売しております。

現在鳥取県東郷湖産のヤマトシジミを販売中です。


●ヤマトシジミが入荷時にメールでお知らせ!

ヤマトシジミが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

鳥取県東郷湖で通年水揚げされます。8月半ばから9月半ばは禁漁期になります。

●味の評価

昔から重要な貝です。

●流通価格

貝類の中では比較的安価になります。

ヤマトシジミの調理法など

シジミの味噌汁

シジミの味噌汁

シジミの炊き込みご飯

シジミの炊き込みご飯

良く利用される調理方法

味噌汁、潮汁、ソテー、炊き込みご飯など。

味噌汁はもちろん、酒蒸しやバター炒め、炊き込みご飯など実は色々な用途で楽しめます。 比較的大きめサイズのシジミならば、アサリと同じような用途で味わえます。

ヤマトシジミを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら ヤマトシジミ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。