鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

アイナメ(アブラメ)

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、アイナメ(アブラメ)について紹介したページです。

アイナメ(カサゴ目アイナメ科)

アイナメ1
アイナメ2

アイナメについて

カサゴ目アイナメ科

40~50センチ、1~1.5kg位まで成長します。

日本の沿岸に多く見られる魚です。釣りの対象としても身近な魚でもあります。関西ではアブラメと呼ばれる事もあります。

個体により体色の違いがある魚です。またオスの成熟した個体は婚姻期になると婚姻色に変化します。黄色っぽい色合いになり一目でわかります。

少し脂のある白身は古くから日本人に好まれて食されてきています。旬をあまり問わない魚で、どの時期でもおいしく食べられます。しいて旬を言うならば冬から春となると思われます。

若干、足の早めの魚と言われます。
活ものか、活〆ものを購入された方が美味しく食べれると思います。

●アイナメが入荷した時にメールでお知らせ!

アイナメが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

やや少なめの流通。どちらかと言えば東日本の方が流通量が多いと魚と思われます。日本海側、播磨灘で水揚げされます。時々水揚げされる程度で数多く水揚げはされません。

●味の評価

古来より非常に評価の高い魚。
美味しい魚として定評があります。

●流通価格

比較的高価な魚です。
特に、活物は高価です。

アイナメの調理法など

良く利用される調理方法

刺身、焼き物、唐揚げ、煮付け、霜造り、ムニエル、ポアレなど。

上品でクセの無い白身。 上品な脂を持ち、淡白な味わいの様で、上品な脂が旨味を感じさせてくれます。また、皮目にも十分な旨味と脂を持っています。十分に生かして調理してみて下さい。

どんな料理にも使えるオールマイティーな白身です。の日本料理店から、居酒屋、フレンチ、イタリアンなど色んな業種の飲食業で利用されている魚です。それだけ用途が多岐にわたる魚といえます。

アイナメを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら アイナメ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。