鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

アカヒメジ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、アカヒメジについて紹介したページです。

アカヒメジ(スズキ目ヒメジ科)

アカヒメジ1
アカヒメジ2

アカヒメジについて

スズキ目ヒメジ科

40センチ、600~700gサイズまで成長します。。

写真ではきれいに写っていませんが、口の下のヒゲが特長であるヒメジ科の魚です。鮮やかな色目が非常に目を引く魚です。

しかし、この赤色は生きている時はこんなには赤い色ではありません。
生きている時は薄い黄色の魚ですが、死ぬと名前の通りの赤い色に変色します。

身質は、少し水っぽく、脂が少なめの魚です。
その為に高知県では、干物の原料として使われる事があります。

まとまって水揚げされることはほとんどない魚で知名度も低くあまり流通していません。

●アカヒメジが入荷した時にメールでお知らせ!

アカヒメジが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

あまり水揚げされません。土佐清水で時折水揚げされます。

●味の評価

あまり水揚げされない為、味わいの評価も一定ではありません。やや水分の多い身質です。

●流通価格

比較的安価な魚です。

アカヒメジの調理法など

良く利用される調理方法

ポアレ、ムニエル、フライ、干物、刺身、霜造り、焼き物など。

やや水分の多い身質が、そのまま刺身として食べるにはあまり向いていません。

干物に加工したり、酢で〆て水分を抜いたり、皮目を火であぶった食べたり、油を使った洋食料理の食材向きです。油を使うことで非常に旨みのある食材になります。

赤目のきれいな皮目もあり、洋食素材としては非常に向いている魚です。水分がやや多めの身も油で調理する事によって非常においしい味わいとなります。

アカヒメジを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら アカヒメジ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。