鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

アカムツ(ノドグロ)

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、アカムツについて紹介したページです。

アカムツ(スズキ目ホタルジャコ科)

アカムツ1
アカムツ2

アカムツについて

スズキ目ホタルジャコ科

40センチ、1kgサイズ以上まで成長しますが、一般的には20~30センチ500~600g位が大きめのサイズとして流通します。

この魚は、地方名の「ノドグロ」って言う言い方の方が有名ですよね。口腔内が黒い為に、このように呼ばれます。「アカムツ」の名前を聞いてもこの魚だと判らない人が多いようです。

名前は「ムツ」と付きますが、ムツ科の魚ではなく、ホタルジャコ科の魚で、まったく違う種類の魚になります。

今や押しも押されぬ高級魚となりました。水揚げされる数も非常に少なく、非常に高値です。

この魚、日本海の魚っていうイメージが強いですが、太平洋にも生息しており、室戸では釣漁、定置網漁で時々水揚げされます。

白身のトロとも呼ばれ、脂分の非常に多い身が特徴となっています。

脂の十分にのった身質は本当においしく、高級魚の名にふさわしい味わいを存分に堪能できます。一度試して見る価値は十分にありますよ!

また小型のサイズの物でも干物にすると非常においしく、島根県など山陰地方の名産となっています。小型の物でも、かなり高価な価格で流通しています。

●アカムツが入荷した時にメールでお知らせ!

アカムツが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

日本海側の産地を中心に水揚げがあります。 鳥取、萩・益田で水揚げされます。 また太平洋側でも、土佐清水、室戸岬でまれに水揚げされます。

●味の評価

白身のトロとも呼ばれ、脂の多い白身は絶品として非常に高い評価です。

●流通価格

かなり高価。 高級魚としてかなりの高値で安定しています。

アカムツの調理法など

ノドグロの煮付け

ノドグロの煮付け

ノドグロの塩焼き

ノドグロの塩焼き

良く利用される調理方法

刺身、霜造り、煮付け、焼き物、ムニエル、ポアレ、フライ、干物など。

これだけの素材ですからどんな料理でも美味しく食べれます。脂ののった白身は刺身にしても抜群の味わいです。

また、煮物や焼き物などにしても抜群の美味しさを出してくれます。油との相性も非常によく、ムニエル、ポアレなど洋食素材としても非常にマッチし、上品な味わいを楽しめる魚です。

アカムツを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

干物は何度か食べたことがあったのですが、鮮魚は初めてでした。 煮付けと塩焼きにして食べました。 白身魚のトロとはよく言ったもので、本当に脂が乗っており、たまらない食感と旨さでした。 高価な魚なので早々食べれませんが、また水揚げがあったら頼みたいです。 ありがとうございます!

アカムツを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら アカムツ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。