鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

ウスバハギ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、ウスバハギについて紹介したページです。

ウスバハギ(フグ目カワハギ科)

ウスバハギ1
ウスバハギ2

ウスバハギについて

フグ目カワハギ科

大型のカワハギの種類です。
その大きく平べったい体型からラケットやウチワなどと呼ばれたりします。カワハギの種類としては、かなり大きくなり、1kgを超えるようなサイズも良く水揚げがされます。

カワハギや、ウマヅラハギなどと同じく、白身の淡白な魚です。大型なので使い勝手もよく、居酒屋さんなどでも良く使われます。

カワハギやウマヅラハギよりもやや沖合に生息しています。その為、高知では沖ハゲの名前で呼ばれています。

クセのない白身はいろんな料理に使える優等生とでも言える魚です。価格面でも、カワハギやウマヅラハギと比べて安価で流通している為に利用しやすい魚です。

   

●ウスバハギが入荷した時にメールでお知らせ!

ウスバハギが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

太平洋側では室戸、土佐清水。日本海側では鳥取、萩・益田で水揚げされます。主に冬場に多く水揚げがされ、夏場の水揚げは少ないです。

●味の評価

カワハギやウマヅラハギには劣るものの美味しい魚として認知されています。

●流通価格

比較的安価な価格で流通していますが、季節変動があり、晩秋から冬にかけては価格が高くなります。

ウスバハギその他

良く利用される調理方法

刺身、煮付け、鍋物、ムニエル、フライなど。

クセのない白身は、どんな料理に使っても美味しく食べれます。また、冬場のものは肝も美味です。

冬場は、特に刺身で。肝醤油で食べる事により、やや淡白な味わいの身質のウスバハギの身を絶品の味わいに変えてくれます。

洋食素材としは、あっさりした白身なので、油を使う事により淡白さを補えます。ムニエルやフライ、唐揚げなどで美味しく食べる事が出来ます。

ウスバハギを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

名前の通り体の薄さにはびっくりです。本当に薄い体です。
カワハギの種類の通り、身はカワハギ程ではないにしてもしっかりとしており淡白で美味でした。
また、大きな肝も入っており肝の味わいも存分に楽しめました。

ウスバハギを食べられた方の感想や写真の投稿を募集しています!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら ウスバハギ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。