鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

ブリ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、ブリについて紹介したページです。

ブリ(スズキ目アジ科)

ブリ1
ブリ2

ブリについて

スズキ目アジ科

日本を代表する魚の一つ。このブリは、日本近海だけの固有種なんです。昔より、代表的な出世魚をして、祝い事などに利用されています。日本人の生活に根付いた魚と言っても過言ではないでしょう。

このブリ、大きく分けると、日本海回遊型と太平洋回遊型になります。

日本海回遊型は、「氷見」を代表されるように、冬場の脂の乗った物がブランド化され、1本が数万円するような事になっています。鳥取や益田で揚がるブリがこの日本海回遊型になります。

太平洋回遊型は、さしたるブランドは無く、非常にお手軽な価格で流通します。日本海型のような脂の乗りは無く、どちらかと言うとさっぱりした味わいが特徴です。室戸や土佐清水で揚がるブリがこちらに属します。しかし、太平洋回遊型のブリも2~3月初旬頃に揚がるものは寒ぶりと呼ばれ脂も乗っています。

近年は、養殖技術の進歩により、非常においしい養殖物のブリが多く出回るようになってきました。そのため、冬の時期の寒ブリと呼ばれるような物以外は、天然物の需要は伸び悩んでいます。需要の陰りとともに、天然物の流通価格も下落傾向が続いています。

しかし、年末年始の時期のブリや、太平洋側では寒ブリと呼ばれる2~3月頃の時期のブリは比較的需要もあります。特に、ブランド物のブリとされる氷見周辺の寒ブリの価格はかなり高値になり、人気も非常にあります。

●ブリが入荷した時にメールでお知らせ!

ブリが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

各産地で年間を通じて水揚げがあります。

●味の評価

昔から人気の魚として定評があります。特に冬の時期のブリは評価が高くなります。

●流通価格

季節により価格に変動があります。年末年始等はかなり高価な魚として流通します。

ブリの調理法など

ブリ大根

ブリ大根

ブリの照り焼き

ブリの照り焼き

良く利用される調理方法

刺身、焼き物、煮物、ムニエル、フライ、カルパッチョなど。

色んな用途に使えます。大型サイズのブリと呼ばれる成魚の場合は、夏場は非常に痩せていて脂がなく非常に安価で流通します。しかし小型の2~3kgくらいまでのサイズは夏でもあまり痩せず美味しく食べれます。

ブリを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

同じ四分一の腹身でも前回のカンパチと量的にも違い、 深紅色のその身肉はより迫力を感じます。
カマからトロの部分は予想以上に脂も乗り、しかも寒ブリのしつこさもなく刺身で爽やかな食感が楽しめました。 赤身の部分はさすがに冬のそれよりは旨味が少なく、 今回は奄美地方?に習って酒、醤油、ほんの少々の味醂を 煮切ったものに漬け、それを遣って漬け寿司を楽しみました。 これは旨味も乗り、なかなかの美味です。
ほんの少々残った切り身は今日、茗荷、、わさび、アオサ、胡麻と 和え、玉子を混ぜて玄米ご飯にかけて食べますが楽しみです。


お客さまからのお便りその2

先日送って頂いたブリですが「旨かった」の一言です。
全体に程よく脂が乗っていましたが脂のしつこさが無くて飽きずに2日間掛けて食べましたよ~.。
刺身、シャブシャブ、鉄火丼やねぎトロならぬブリ丼やねぎブリ(酢飯にもよく合いました)兜煮や兜焼等 etcかなり楽しめましたよ。


お客さまからのお便りその3

魚好きの私達にはとても素敵なメジロに嬉しく思いました。
予想外に大きくて我が家では食べきれずに知り合いにも、おすそ分けをした所、大変喜んで頂けました。


お客さまからのお便りその4

久し振りにお願いしましたが期待以上でした。
撒餌も若干喰っていましたが、鰤特有の香りと上品なあぶら等々goodでした。鰤フルコースを友人たち客らで堪能できました。また頼みます。


お客さまからのお便りその5

ブリはシャブシャブ・刺身・寿司で頂き、明日のブリ大根と塩焼きの準備をして残りは粕漬け・味噌漬けにしました。適度に乗った脂は絶妙な味わいでした。
サイズはまな板の限界を超えた大きさでしたし、頭の処理が大仕事(包丁が負けて)で次回以降は総重量5キロまでにします。 ポアレ・ムニエルなど洋風のメニューにも挑戦したいのですが、鮮度のよさを考えるといつものメニューになってしまうのが残念です。

お客様からのブリの写真・感想のお知らせです。

ブリの刺身

ブリの薄造り

お願いしていましたブリの入荷連絡をいただき早速注文しました。9キロ超ということでしたので3枚おろしでお願いしました。

翌日届き、まず箱の大きさに驚き、そして開封しても驚きでした。まず目に入ったのは、内臓がきれいにパック詰めされていました。胃袋、肝臓、心臓、腸、幽門垂。(初めてなのでネットで調べて美味しくいただきました。)その隣にはアラとカマも袋詰めされており、カマが大きいこと大きいこと。

そしていよいよ身ですが、こちらも上身、下身ともにきれいに紙に包まれ期待通りの身質でした。脂もよくのっており初日、二日目と刺身でいただきました。二日目の方が身に脂が回ったようでより美味しく思いました。養殖ものとは違い脂はのっているけどもあっさりしており、たくさんたべられました。

食べきれない分は焼き物等にするため冷凍し楽しみたいと思います。また、来シーズンもお願いしたいと思います。

おの様

ブリを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら ブリ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。