鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

ハチビキ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、ハチビキについて紹介したページです。

ハチビキ(スズキ目ハチビキ科)

ハチビキ1
ハチビキ2

ハチビキについて

スズキ目ハチビキ科

室戸や土佐清水で夏に水揚げされる魚です。
赤い魚体が目立つ綺麗な魚です。室戸では、なぜか「アカヘイジ」と呼ばれています。関東地方では、「赤サバ」と呼ばれる様です。

やや南方系の魚で、太平洋側の千葉以南のやや深い海に生息しています。成長すると50~60センチサイズまで大きくなります。

赤いのは魚体だけでなく、身も非常に赤いのです。赤い魚体に赤い身がこの魚の特徴。
加熱するとパサつく感があります。加熱するなら脂を使った料理が向いていると言えます。

一般的に、食味のあまり評価が高い魚とは言えず、比較的安価に流通しています。しかし、鮮度が良ければ刺身にしても美味しい魚です。

但し、大型のサイズの物は脂も乗り、刺身にしても非常においしい魚となります。

●ハチビキが入荷した時にメールでお知らせ!

ハチビキが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

やや南方系の魚で、太平洋側、室戸岬や土佐清水で水揚げされる魚です。

●味の評価

大きいサイズの物になると美味しい魚と言われています。小振りの物は脂の乗りも少なく、食味の評価はあまり高くありません。

●流通価格

本来は安価な魚として流通していましたが、近年は知名度も上がってきており、流通価格は高くなってきています。

ハチビキの調理法など

良く利用される調理方法

刺身、たたき、フライ、唐揚げ、ムニエルなど。

加熱する場合は脂を使った料理を。

ハチビキを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

身は、マグロのような赤身で、ちょっと水っぽい感じ。身の間にマグロと同じように白い筋があった。
味は、目をつぶって食べると、あっさりしたマグロかな?でも風味が違うな~?って感じかな。
居酒屋さんが大量に買っていったのが、なんとなくわかる。刺身の切り方を注意すれば、なんちゃってマグロでいけるかも!安いし。
刺身ばっかりは飽きるので、うちでは、いんげんを塩茹し、巻いてフライにして食べました。
身がやわらかいので子どもも大喜び。
また、変わった魚が入ったらよろしく。

ハチビキを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
                       
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら ハチビキ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。