鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

ヒゲソリダイ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、ヒゲソリダイについて紹介したページです。

ヒゲソリダイ(スズキ目イサキ科)

ヒゲソリダイ1
ヒゲソリダイ2

ヒゲソリダイについて

スズキ目イサキ科

アゴの下にヒゲを剃った痕があるように見えるためにこの名前が付けられています。小さな点々にような状態なので実物を見ないとわかりにくいです。

近種に「ヒゲダイ」という魚もいます。こちらはアゴの下にヒゲがあることがはっきりとわかります。

名前に加えて地味な色合いも相まってあまりぱっとした印象が残らない魚です。

やや南方系の魚で、水揚げされる産地は西日本がメインとなります。高知県や瀬戸内海で水揚げされます。50センチを超えるサイズまで成長します。

流通量はあまり多くなく、時々水揚げされる程度の魚です。知名度はかなり低く知っている人は少ないと言えます。ただ、近年は少しずつ名前も知られるようになってきており、価格も以前よりは高くなってきています。

イサキ科の魚ですから、白身の美味しい魚です。ややしっかりとした食感の旨味のある白身です。

●ヒゲソリダイが入荷した時にメールでお知らせ!

ヒゲソリダイが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

やや南方系の魚で、瀬戸内海や太平洋側、室戸岬や土佐清水で水揚げされる魚です。

●味の評価

知名度がかなり低く味わいの評価も安定していません。但し知る人はよく知っている美味しい魚です。

●流通価格

以前は知名度の低さから、比較的安価な魚として流通していましたが、近年は知名度も上がってきており、流通価格は高くなってきています。

ヒゲソリダイの調理法など

良く利用される調理方法

刺身、霜造り、ムニエル、ポアレ、フライ、煮物、焼き物など。

透明感があり血合の色合いも美しい為ため、刺身にして非常に見栄えがします。味わいの方も適度の脂もあり非常においしい魚です。油との相性も良く、また加熱をしても美味しいので洋食用の素材としても非常に良い味わいを出してくれます。皮目の味わいも良くムニエルやポアレにしても美味です。

お客様からのヒゲソリダイの写真・感想のお知らせです。

ヒゲソリダイ料理1
ヒゲソリダイ料理2

ヒゲソリダイ

播磨灘のヒゲソリダイが届きました。捌いてみるとたっぷりの白子!

三枚におろして背中側片身でヒゲソリ鯛しゃぶに。白子と肝は天ぷらに。皮と胃は湯引きして梅しそあえでいただきました

繊維質で淡白ながら、火を通すとふっくら美味しいお魚でびっくり!

本当にいつも新鮮で美味しいお魚をありがとうございます

広島県/I様

ヒゲソリダイを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら ヒゲソリダイ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。