鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

サケ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、サケについて紹介したページです。

サケ(サケ目サケ科)

サケ1
サケ2

サケについて

サケ目サケ科

古来より日本で親しまれている本来のサケです。「シロザケ」と呼ばれたりします。
最近は、「ギンザケ」や「ベニザケ」などが良く見られますが、本種が日本近海に住む本来のサケです。

近年は、輸入品の「ギンザケ」「ベニザケ」「アトランティックサーモン」等の人気に押され価値は低下傾向にあります。

「サーモントラウト」「アトランティックサーモン」などの養殖されたサケやマスの仲間と比較すると油が少なくあっさりとした味わいが特徴です。

近年は脂ののりが良い魚を好む傾向が強い為に脂ののりの良い輸入品の需要が伸びています。

のん気な魚屋の産地では鳥取や益田で水揚げされます。秋頃に水揚げされる一般的に「秋鮭」と呼ばれるものです。産卵期を控えた時期のサケのため脂はあまりのっていません。

水揚げされるメスの腹には卵があり、筋子となります。その為、オスよりもメスの方が高値で流通されることになります。

●サケが入荷した時にメールでお知らせ!

サケが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

秋頃に鳥取で水揚げされます。また時々益田でも水揚げされることがあります。

●味の評価

おいしい魚として知られます。

●流通価格

近年は養殖物に押されて価格も下落傾向です。
卵を持ったメスの方がオスより価格は高いです。

サケの調理法など

サケのフライ

サケのフライ

サケのおろし煮

サケのおろし煮

良く利用される調理方法

塩焼き、ムニエル、鍋物、フライなど。

いろんな用途に利用できます。
和から洋まで利用範囲が広く美味しく食べれます。

寄生虫がいる事が多いため刺身は控えて下さい。もし生で食べたいときは、刺身用の柵にしたものを-20度で以下で凍らして食べて下さい。(ルイベ)

サケを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら サケ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。