鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

ネズミゴチ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、ネズミゴチについて紹介したページです。

ネズミゴチ(スズキ目ネズッポ科)

ネズミゴチ1
ネズミゴチ2

ネズミゴチについて

スズキ目ネズッポ科

ネズミゴチの本名よりも、「メゴチ」「テンコチ」「ガッチョ」と言った地方名でのほうが有名な魚と言えるでしょう。

関東では「メゴチ」、関西では「テンコチ」、または「ガッチョ」と呼ばれる、古来より非常に身近な魚です。

関東で一般的に言われる「メゴチ」は数種類ありますが、本種はその中でも特に重宝される種類です。天ぷらに使われる材料として非常に有名な魚です。

見かけによらない旨みのある白身は、生でも加熱しても抜群のおいしさです。サイズが小さいので、ちょっと調理が手間ですが、それ以上の美味しさです。

もともと播磨灘などの産地では煮付けにして食べる惣菜用の雑魚として扱われており、安い魚としてのイメージがありましたが、近ごろは漁獲高の減少に伴って流通価格も上がってきています。

●ネズミゴチが入荷時にメールでお知らせ!

ネズミゴチが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

鳥取、播磨灘で夏ころを中心に時々揚がります。

●味の評価

白身のおいしい魚です。

●流通価格

播磨灘ではもともとはかなり安価な魚でしたが近頃は流通価格も少々上がってきています。鳥取では安価で流通しています。

ネズミゴチの調理法など

良く利用される調理方法

天ぷら、唐揚げ、干物、刺身、煮付けなど。

やはり天ぷらが一番になります。また、鮮度が良ければ刺身も。固めの食感は新しいおいしさです。

ネズミゴチを食べたお客さまからの声

お客さまからのお便りその1

半分は天ぷら。半分は煮付けにしました。ちょっと面倒ですがやっ煮付けは美味しいのですが少しクセのある味わい。天ぷらの時は感じなかった感じです。美味しいのは美味しいのですが身が少なく食べるのがちょっと面倒です。ぱりこの魚は天ぷらがベストですね。ちょっとほくほくした触感で少し甘みもありやっぱり美味しいですね。

ネズミゴチを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら ネズミゴチ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。