鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

オオグチイシチビキ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、オオグチイシチビキについて紹介したページです。

オオグチイシチビキ(スズキ目フエダイ科)

オオグチイシチビキ1
オオグチイシチビキ2

オオグチイシチビキについて

スズキ目フエダイ科

フエダイ科の仲間で、南方系の魚です。近い仲間にヒメダイやオオヒメなどの種類の魚がいます。

50~60センチ程度、1.5~2kg弱程度のサイズまで大きくなりまが、一般的に流通する物は、1kgサイズ程度のサイズです。

あまりメジャーな魚ではありません。
室戸や土佐清水でも時々しか水揚げされません。夏から秋にかけての釣漁で水揚げされる魚です。

室戸での呼び名は、「イヌガミチイキ」です。漢字で書くと「犬神チイキ」と書きます。なぜこんな名前が付いたのかは不明です。
室戸では、ヒメダイのことを「チイキ」と呼びます。見た目がこのヒメダイに似ている事が関連しているのでしょう。

室戸では本種やヒメダイ、オオヒメなどの種類をまとめて「チイキ」と呼び、分類をしないような場合もあります。

味の方は、結構美味で、刺身用の魚として流通します。価格もそれなりに付き、高級魚と変わりがない価格となります。

●オオグチイシチビキが入荷した時にメールでお知らせ!

オオグチイシチビキが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

室戸や土佐清水で春から秋にかけて水揚げされます。余りまとまって水揚げされる魚ではなく、時々水揚げされるといった魚です。

●味の評価

淡白な白身の身質で美味しい魚です。

●流通価格

比較的高い価格で流通します。
ヒメダイと比べると価格はやや下がります。

オオグチイシチビキその他

良く利用される調理方法

刺身、霜造り、ムニエル、ポアレ、煮物、蒸し物、焼き物、フライなど。

刺身が一番のオススメです。白身のおいしい魚で、いろんな用途に利用できます。油との相性も申し分なく、洋食素材として利用しても良い味わいを楽しめます。

オオグチイシチビキの感想や写真の投稿を募集しています!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら オオグチイシチビキ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。