鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

コウライアカシタビラメ(クチゾコ)

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、コウライアカシタビラメ(クチゾコ)について紹介したページです。

コウライアカシタビラメ(カレイ目ウシノシタ科)

コウライアカシタビラメ

コウライアカシタビラメについて

カレイ目ウシノシタ科

この魚は、見かけ上、アカシタビラメやイヌノシタと殆ど同じ魚のように見えます。。

有明周辺では「クツゾコ」や「クチゾコ」などと呼ばれ、本種の煮付けなどは郷土料理として親しまれています。

活け物で入荷してくる事も多いです。有明海のシタビラメは味が良い事で知られており、他のシタビラメ類と比べると非常に高い価格で出回ります。

有明周辺ではもっぱら煮付けがメジャーな料理方法。他、活け物などは刺身などにしても食べられます。が、サイズがあまり大きくないので料理に手間がかかります。

しかしながら、シタビラメ類はフランス料理のソールムニエルが知られています。ムニエルも本種を美味しく食べる料理方法の代表格です。

このソールムニエル、サイズが大きなものは食べやすくていいのですが、小さなサイズになるとナイフとフォークでは非常に食べにくい。お箸で食べるのはいいんですけどね。

●コウライアカシタビラメが入荷した時にメールでお知らせ!

コウライアカシタビラメが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

有明海では1年を通じて水揚げされます。

●味の評価

古くは惣菜用の魚。近年はムニエル用の食材など、味わいの良さは定評があります。

●流通価格

昔は惣菜用の魚として安価な魚でした。近年は価格は少しずつ高くなってきています。
有明海産の物は人気が高く、他産地のものと比べるとかなり高い値段となります。

コウライアカシタビラメの調理法など

クチゾコの煮付け

クチゾコの煮付け

クチゾコの姿造り

クチゾコの姿造り

良く利用される調理方法

煮付け、ムニエル、刺身、唐揚げ、フライなど。

かなりおいしい魚です。
フランス料理のシタビラメのムニエルは、本種かオオシタビラメ、イヌノシタが使われます。日本では昔から煮付けが定番。惣菜用の魚として利用されてきました。

コウライアカシタビラメを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら コウライアカシタビラメ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。