鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

マハタ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、マハタについて紹介したページです。

マハタ(スズキ目ハタ科)

マハタ1
マハタ2

マハタについて

スズキ目ハタ科

クエと並ぶハタ科の高級魚です。
室戸では「マスクエ」と呼ばれ、クエに次ぐ高級魚として扱われます。クエ同様に大きくなる魚で、20kgを超えるようなサイズが水揚げされる事もあります。

しかし実のところはクエよりも大きくなる魚です。100kgを超える超級のサイズまで成長するようです。ただ、この様なサイズは中々お目にかかることは出来ません。

流通量も非常に少なく、かなりの高値で流通しています。最近は養殖もの流通も増えてきていますが、現状では、数も少なく味わいも天然物と比較するともう一歩と言った感じのようです。

釣漁での水揚げが中心の魚です。
活け物での入荷もあります。鮮度が良ければ、刺身が一番でしょう。少し歯応えのある身質は、甘味もありかなりおいしいです。

やや南方系の魚で水揚げは西日本が中心です。養殖物が増えてきているために全国的にも認知度は揚がってきているようです。

●マハタが入荷した時にメールでお知らせ!

マハタが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

太平洋側、室戸岬、土佐清水で時々通じて水揚げされます。日本海側、鳥取、益田でも時々水揚げされますが、比較的小型のサイズが多いです。

●味の評価

しっかりとした食感の白身は高級魚の名にふさわしい味。美味しい高級魚として知られます。

●流通価格

非常に高値で流通しています。

マハタの調理法など

良く利用される調理方法

刺身、鍋物、煮付け、蒸し物、焼き物、ポアレ、ムニエル、フライなど。

どんな料理にも利用できます。高級魚の名に恥じない味わいを楽しめます。鮮度が良ければやはり刺身から。しっかりとした食感の白身で甘みも兼ね備えた非常においしい魚です。

また、加熱をしても美味。しっかりとしたとした食感は加熱をしても健在。旨味も損なわれることはありません。油との相性も非常によく、洋食用の素材としても一級品です。

マハタを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら マハタ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。