鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

メバチマグロ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、メバチマグロについて紹介したページです。

メバチマグロ(スズキ目サバ科)

メバチマグロ1
メバチマグロ2

メバチマグロについて

スズキ目サバ科

マグロの中でもっとも目が大きく目立つ為に「メバチマグロ」と呼ばれます。小型サイズの物は、通称「ダルマ」として呼ばれることが多い魚です。

一般的にもっとも目にすることが多いマグロと言えるでしょう。スーパーなどでは本種がメインのマグロと言っても良いのではないでしょうか?

流通量が圧倒的に一番多く、マグロの刺身と言えば本種を指すことが一番多いのではないでしょうか?

流通の殆どは冷凍物となっており、国産の生の状態で流通する物は非常に珍しいです。

深い赤身の色はマグロそのものの色で、少しねっとりとした味わい深い赤身は、黒い宝石と呼ばれる「クロマグロ」と比較しても劣ることはありません。

メバチマグロの赤身はクロマグロよりもややあっさりとしてやや酸味のある味わいはメバチマグロならではの味。トロよりも赤身が味わい深いといわれるマグロです。

●メバチマグロが入荷した時にメールでお知らせ!

メバチマグロが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

土佐清水や室戸で時々水揚げされます。

●味の評価

評価は上々で、美味しい魚として知られます。

●流通価格

クロマグロと比べると安価になります。サイズにもよりますが、大型でない物はマグロと言えどもかなりの高値とまではなりません。

メバチマグロの調理法など

良く利用される調理方法

刺身、たたき、漬け、ムニエル、フライ、ソテー、煮物など。

やっぱりこの魚の旨みを感じるには煮付けが一番。また、意外に油との相性も悪くありません。

メバチマグロを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら メバチマグロ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。