鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

スギ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、スギについて紹介したページです。

スギ(スズキ目スギ科)

スギ1
スギ2

スギについて

スズキ目スギ科

コバンザメのような外観の魚。黒い魚体に白いライン。どう見ても食べれる魚には見えません。この白いラインは成長するにしたがって消え、大きなサイズの物は真っ黒な魚となります。

しかし、近年は養殖をされるようになってきているきちんとした食用魚なのです。海外や沖縄などで養殖され、白身魚として認知を受けています。

天然物はまとまって水揚げがされることはなく、水揚げが少ないために、産地で消費される程度で知名度はかなり低く流通経路に乗ることはほとんどないのが現状です。

別名「クロカンパチ」や「リュウキュウカンパチ」と呼ばれ、刺身などに利用されています。しかし、「カンパチ」とは全くの別種の魚です。

上の画像の左は幼魚の時の状態です。成長するにつれて白い模様が消えていきます。右画像のマダイの下の魚が大きくなった時のスギの状態になります。

かなりグロテスクな外観とは違って、きれいな白身の魚で、色々な用途に利用できる魚です。まとまった漁獲がなく、ちらほら見かける程度ですが、魚価が安く、一度試してもらいたい魚です。

リュウキュウカンパチやクロカンパチなどと呼ばれるように、白身の身はややしっかりとした食感です。刺身にしてほどよい食感を楽しめます。

●スギが入荷した時にメールでお知らせ!

スギが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

土佐清水や室戸、鳥取、萩・益田で水揚げされますが、数は非常に少ないです。

●味の評価

流通量も非常に少なく、評価はありません。

●流通価格

比較的安価で流通します。

スギの調理法など

良く利用される調理方法

刺身、ムニエル、フライ、煮物、焼き物など。

刺身で美味しく、また油との相性も問題なく洋食素材としても利用できます。

スギを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら スギ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。