鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

ハマグリ

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、ハマグリについて紹介したページです。

ハマグリ

ハマグリ1
ハマグリ2

ハマグリについて

古くからの身近な貝の一つです。
日本のハマグリの種類には、本種ハマグリと外洋性のチョウセンハマグリがあります。本種は内湾性の貝となります。

チョウセンハマグリと分けるために、本種は「本ハマグリ」などと呼んで区別したりします。

名前がややこしいのですが、「チョウセンハマグリ」も国産のハマグリです。鹿島灘や益田で水揚げされるハマグリは、「チョウセンハマグリ」です。

現在、ハマグリは数が激減しており、絶滅の心配もされています。一般的によく販売されているものは、中国産の「シナハマグリ」が殆どで、本種は非常に数が少ないです。

そのため、チョウセンハマグリも国産の「ハマグリ」の名前で流通することも多くなっています。チョウセンハマグリの名前を明記せずにハマグリとして流通させています。ただしチョウセンハマグリも流通量が激減しており、本種と同じように非常に高価になっています。

数が少ないだけに非常に高価な貝です。古来より親しまれているだけに味わいのほうは非常に良い貝です。

●ハマグリが入荷した時にメールでお知らせ!

ハマグリが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

有明海で水揚げされます。年間を通じて時々水揚げされます。

●味の評価

古くから非常においしい貝として知られます。

●流通価格

古くは身近な貝でしたが、近年は水揚げが激減したため非常に高価な貝です。

ハマグリの調理法など

ハマグリのお吸い物

ハマグリのお吸い物

ハマグリの網焼き

ハマグリの網焼き

良く利用される調理方法

潮汁、焼ハマグリ、酒蒸し、煮貝など。

昔から食べられてきただけにどのように調理しても美味です。

ハマグリを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
             
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら ハマグリ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。