鮮魚の産直通販:のん気な魚屋

キダイ(レンコダイ)

のん気な魚屋の取り扱い産地の中で水揚げされる鮮魚のうち、キダイ(レンコダイ)について紹介したページです。

キダイ(スズキ目タイ科)

キダイ1
キダイ2

キダイについて

スズキ目タイ科

「レンコダイ」という呼び方の方が一般的。祝いの席で出てくる小ぶりのタイの塩焼きの多くはこの魚です。結構身近で目にしている魚なのですが、本当の名前はあまり知られていない魚です。

マダイチダイなどと比べて、魚体の黄色味が強く、派手な外観になります。その黄色味がかった色合いからから、「黄鯛」となりました。

30~40センチ程度のサイズまで成長する魚ですが、30センチを超えるサイズを見かける事はあまりありません。

西日本でよく水揚げされる魚で、日本海西部や東シナ海で水揚げされる量が多い魚で、沿岸部で水揚げされる量は比較的に少ない魚です。

●キダイが入荷した時にメールでお知らせ!

キダイが入荷した時、ご指定のメールアドレスにメールでお知らせ致します。


>>入荷お知らせサービスとは?

●水揚げ頻度

太平洋側、日本海側で水揚げがあります。瀬戸内海で揚がることはありません。日本海の西部や東シナ海、太平洋西部での水揚げが多く、西日本が水揚げの中心になります。

●味の評価

マダイと比べるとやや落ちるものの美味しい魚としてよく利用されています。特に本種の塩焼きは祝いの席の尾頭付きのタイとして一般的に利用されています。

●流通価格

マダイの代用品として使われる事も多く、マダイと比べるとやや安めの安定した価格です。

キダイの調理法など

良く利用される調理方法

塩焼き、刺身、霜造り、昆布〆、酢〆、ムニエル、ポアレ、フライなど。

少し柔らかめの身質なので、そのまま刺身よりも、昆布〆や酢〆、霜つくりなどにした方がより美味しく召し上がっていただけると思います。クセのない白身はどんな料理に使っても美味しく食べれます。

油との相性も悪くなく、洋食素材として、ムニエルなど美味しく調理できる魚です。小ぶりのものは尾頭付きの塩焼きに利用されたり、干物として使われたりします。

キダイを食べられた方の感想や写真の投稿を募集!

皆様からの色々な感想や画像をお待ちしております!

のん気な魚屋の水揚げされる鮮魚の紹介のページをより充実したページとする為に、皆様から魚を食べた感想や鮮魚の画像、実際に調理した料理の画像等の投稿をお願い致しております。

こちらのアドレスより応募下さい。tarou@mokuyouichi.com
募集要項をご確認の上、記載必要事項をご記入頂き投稿して下さい。募集要項詳細のページ

各産地での月度別状況

鳥取
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の鳥取御来屋・境港の鮮魚
室戸岬
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県室戸岬の鮮魚
播磨灘
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の瀬戸内海播磨灘の鮮魚
土佐清水
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の高知県土佐清水の鮮魚
萩・益田
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の山陰萩・益田の鮮魚
有明海
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
本日の九州有明海の鮮魚

この魚を更に詳しく知りたい場合は、こちら キダイ
ぼうずコンニャクさんの市場魚介類図鑑にリンクされてます。